TOP > イククルコラム > <非モテ男子◆虎の穴>#08 “無関心”こそ最強の恋敵と心得よ!

<非モテ男子◆虎の穴>#08 “無関心”こそ最強の恋敵と心得よ!

  • 2013年12月13日  魂の伝道師ひだか  



     今回は、非モテ男子諸君がぶつかる壁でも、特に難しい問題を取り上げたい。
     それは、“無関心”。恋愛そのものへの無関心。夢中になれる相手と出逢えない無関心。片想いをしている相手からの無関心。はたまた、想われているお相手への無関心。
     今回は、このような恋愛感情に火が点かない、≪無関心状態≫からの脱出について指南しよう!
     
     
    ・「恋愛への無関心」は、関心が芽生えるのを“待つ”しかない
     “無関心”というテーマは、最初に大きく2つの問題に分けられる。
     そもそも恋愛自体への関心が湧かないという根本的な問題と、恋愛に興味はあるものの熱くなれる異性が現れないという問題だ。
     
     まずは、根本的な問題である「恋愛への無関心」について考えてみたい。
     これには、恋愛への欲求自体が芽生えていない状態と、欲求はあるのだけれど、自分にはムリだと思い込むなどして、欲求を無自覚に押し殺してしまっている状態の2つがある。
     
     キミ自身がこのような「恋愛への無関心状態」にあるとしたら、どうしたらいいだろうか?
     
     答えは、何もしなくていい──だ。
     もし、まわりから何か言われても焦る必要はない。
     関心が湧いてない状態でも押し殺している状態でも、異性や結婚など、恋愛への関心が芽生えてきたら、自然とそれらを欲するようになるものだからだ。
     欲求が生まれなければ、何も始まらない。
     だから、待つのが基本だ。
     
     もし周囲の友人が「恋愛への無関心状態」だとしたら見守ってあげるといいが、押しつけない程度であれば欲求の目覚めを促すような異性との触れあいの機会を用意するのもいいだろう。
     
     
    ・「関心を持てる女性」が現れない場合は“とにかく行動あるのみ”
     次に、恋愛に興味はあるものの関心を持てる女性が現れないという問題について考察してみよう。
     これもいくつかのケースを丁寧に確認しておく必要がある。
     
     恋愛自体に関心はあるものの、関心を持てる女性が現れないという“出逢えないケース”が一つ。
     関心を持てる女性はいるが、お相手がキミに無関心な場合。または、関心を寄せてくれる女性がいるが、キミが相手に無関心な場合、といった風に“関心が一方通行のケース”がもう一つだ。
     
     まず“出逢えないケース”というのは、出逢いの機会が足りないか、こだわりが強く恋愛対象の範囲が狭いか、その両方の可能性が考えられる。
     このケースの脱出法は、“とにかく行動あるのみ”ことに尽きる。
     経験を重ねる中で、出逢い方の幅が広げるなり、恋愛対象とする女性へのこだわり方が変わるなり、何かしら意識も変化していくだろうからだ。
     
     もう一つの“関心が一方通行のケース”はやっかいだ。
     これは一番最初の「恋愛への無関心」が、どちらか一方にある可能性が高い。
    (それ以外の可能性は、すでに「付き合っている人がいる」もしくは「好きな人がいる」であろう)
     
     だとしたら、答えは同じ。
     恋愛への≪無関心状態≫から、関心が芽生えるのを“待つ”しかない。
     
     
    ・“無関心”こそ最強の恋敵と心得よ!
     最初に言ったように、今回のテーマである≪無関心状態≫は、非モテ男子諸君がぶつかる壁の中でも特に難しい問題だ。
     いったんこの≪無関心状態≫に陥ると、そう簡単に脱出法を見つけることはできない。
     自分自身の「恋愛への無関心」に至っては、結局のところ関心が芽生えるのを“待つ”しかない。
     恋愛に関心はあっても関心を持てる女性が現れないケースの脱出法は、“とにかく行動して出逢う”こと。
     これが脱出法と言えるだろうか。
     ならば、どうするか?
     
     ここで、恋愛指南八つ目の教えを授けよう。それは……
     
    【虎の教え -その八- 】“無関心”こそ最大の恋敵と心得よ!
     
     だ!
     
     非モテ男子の恋愛を阻むのは、イケメン男子でも金持ちのボンボンでもない!
     自分自身の“無関心”こそが、最大の恋敵に他ならない。
     そのことをしっかり心に刻め!
     
     そして、恋愛や異性に≪関心のある状態≫を維持するよう、常に心の開くこと。
     日常に潜む「恋のキッカケ」を見逃さないよう、目を見張ること。
     
     恋愛や異性に対して≪無関心状態≫に陥らないことが、唯一の脱出方法なのだ!