TOP > イククルコラム > [実録!ヤンデレみかの恋愛白書]オンラインゲームでの出会い

[実録!ヤンデレみかの恋愛白書]オンラインゲームでの出会い

  • 2015年04月17日  篠田 みか  



    一時期、お休みしてて、このままフェードアウトしようと思ってたオンラインゲームに、友達からの催促で最近復帰して寝不足なみかです。どーも。今日も元気に病んでます。
     
    本来は人見知りだから、チームとかギルドって苦手なんだけど、彼氏がチームマスターやってるから仕方なくチームに入ってたら、リアル友人が出来てしまって、辞めるに辞められなくなったって言う…。やり始めると、時間が経つのも忘れてハマってしまうんだよね。
     
    さて、今回は、そんなオンラインゲーム繋がりのお話。
    ヤンデレとはちょっと違うかもだけど、普通じゃない感じの経験をしたので書こうと思うの。
     
     
    ◆ゲーム内恋愛ってあるんだね
     
    これは10年近く前のお話。今やってるゲームとは違うオンラインゲームで、結構強引な勧誘にあって、ギルドに入ったのね。勧誘は強引だったけど、みんな仲が良くて楽しくゲームライフを送って居たんだ。
    で、そのゲーム。結婚システムってのがあって、ギルド内でも夫婦(?)が数組居たりして。その中の一組に、今回のお話の登場人物となる男女が居たの。
    その夫婦、リアルでも同棲してて、すごく仲良しだったんだけど、ある日からその旦那さんであるアキラ(仮名)から個人チャットやプレゼントが私に送られて来るようになった。プレゼントは、中々手に入らない素材で作った強い武器とか防具。
    チャットの内容は、最初は一緒に◯◯のクエストやらない?とか普通の会話だったんだけど、最終的には告白された。
    結婚が出来れば離婚も出来るわけで…。アキラは彼女のサオリ(仮名)と離婚して、私と結婚した。
    って、ゲーム内の話なんだけど、サオリにとっては嫌なことだよね。でもまぁ、ここまでならたまにある話かも知れない。
    だけどアキラはリアルでもサオリを無視し始めたんだ。同時に、本気で私を好きになったから一緒に暮らそうって。はじめは「いやいや、ありえないから。」って思ったんだけど、私もその時はフリーだったし、寂しかったってのもあってOKしちゃったんだ。これが大きな失敗だった。
     
     
    ◆ゲーム内ストーカー現る!
     
    アキラに捨てられたサオリはギルドを抜けたんだけど、いつもキャラクターの頭上に書けるメッセージに『アキラ愛してる』って書いて、街でぼんやりしているところを見かけることが多かった。私たちは、クエストとかも普通にやってたんだけどアキラはサオリをブロックしていたにも関わらず、ダンジョンに現れるサオリ。誰かに聞いてやって来るのかもしれないけど、毎回毎回なんで正直怖くて、アキラとも距離を置こうと思った。だけどアキラの押しに負けて、一緒に住む計画を練っていた。
    よくよく話を聞くと、サオリはシングルマザーで小さな子どもが居る。生活保護で暮らしてるらしいんだけど、アキラは依存されるのがすごく嫌になってしまったらしくて。
    あとで考えれば、私はアキラがサオリから逃げる口実だったのかも知れないなぁ。サオリはかなりのメンヘラさんみたいだしね。その時はまだアキラとサオリは一緒に暮らして居たから、アキラがゲームを始めるとサオリは子ども放置でゲームにIN。そしてゲーム内でストーキングっていう毎日を過ごしてたらしい。
    リアルでも無視されてゲーム内でもブロックされて。耐えられないよね。
     
     
    ◆アキラは最低男だった
     
    これまた、ダメンズを引き寄せてしまった私の失敗なんだけど、実はアキラも無職だったんだよね。私は当時、地元に住んでいて、アキラは中国地方の一番端っこの県に。そこまで迎えに来てって言われて、最初は渋ったものの、ドライブ好きだし、気に入らなければ途中で捨ててしまえ!って。自分でも今思うと酷いけど、そんなノリで迎えに行ったんだ。
    アキラの実家は関東で、家出の挙句、実家から勘当されて流れ流れて、その県に辿り着いた。サオリと知り合ったのもオンラインゲームなんだって。
    迎えに行ったら、スルーも出来ないほど人気の無いところで、すぐに見つかっちゃって初対面。車の中で色々話して、仕事を探すことなどを約束させた。約束を守らなかったら即追い出すのも決めた。
    しかし。アキラは一緒に暮らし始めた途端、実は心臓に病気が…とか何だかんだ言い訳して仕事を探すこともせず、毎日ゲームをして1日を過ごしてた。
    私にだってアキラを養うほど余裕はない。私はサオリほど甘くないし、惚れてもいないから厳しくアキラを叱って、ついには実家の連絡先まで聞き出して、実家に強制送還することに。最後に関東までの深夜バスの料金を貸して、さようなら。
    と、これで平和になるはずだった。
     
     
    ◆ビッチのつけ?大変なことに!
     
    アキラが帰って数週間後。生理が来ない。そう、妊娠しちゃったんだよね。これはもう親に相談するしかなかった。親は「まだお前も若いし、子どもに罪はない。産みたいなら産んでもいい。」って言ってたけど、好きでもない男の子どもは、どうしても産む気になれなかった。そんな気持ちが伝わったのか何なのか、病院へ行ったら、今の私の身体では妊娠・出産には耐えられないって言われたんだ。喘息もあったし、血圧も異常に高くて、心臓の検査をした方が良いとまで言われてしまった。手術するにも個人の産院では難しくって大学病院を紹介された。修羅場だったなぁ。
    親はアキラに対して手術費用の請求をして、一括は無理って言われて、アキラの母親を保証人にして分割払いさせてた。
    病気の分、入院日数も多かったし普通の手術の3倍くらいの金額だった。
    それも、あと2回で終わるって頃にアキラ親子ともども音信不通になって回収出来なかったりして。
    これは人生最大の汚点って言っても良いくらいの失敗談。
    子どもには可哀想なことをしてしまった。私も最低だ。
     
    そんな私は、今やってるオンラインゲームで彼氏に付きまとう女キャラが嫌でたまらない。ストーカーにはならないけど、ゲームをするのが嫌になって来てるよ。バーチャルの世界にも嫉妬してしまう自分に嫌気がさしてる。